千葉大学と日本大学の医学部の難易度について

専用の塾に通わないと絶対に入学する事なんてできない難易度

偏差値としては千葉大学がおよそ69から71程度だとされていて、日本大学は69程度だったと思います。
どちらもやっぱり偏差値の値としては十分高かったですし、私自身の偏差値なども考慮すると難易度はかなり高いということが分かりました。
ただしそれに関しては自分の努力しだいだろうと思っていたところもあったので、その当時はそれほど難易度が高くても何とかなるだろうと言う軽い気持ちだったと思います。
そこでさらに調べたのが受験の難易度で、丁度学校に過去の受験問題があったのでそちらも含めて調べてみる事にしました。
そこでさらに分かったのが、医学部のレベルの高さでした。
千葉大学も日本大学もどちらの過去の問題集もその当時の自分のレベルでは到底解く事はできませんでしたし、今でも当然解ける自身なんてありません。
特に千葉大学の過去の問題集は日本大学とそれほど偏差値が変わらないにもかかわらず問題の意図も分からないというものが多くて、ある意味絶望したのをよく覚えています。
そこで初めて専用の塾に通わないと絶対に入学する事なんてできない難易度であると理解することができましたし、そんなお金はないので到底無理であると言う事も理解しました。

祖父母が病気になった事をきっかけに : 専用の塾に通わないと絶対に入学する事なんてできない難易度 : 医学部は生半可な努力では到底合格しない